2008-06-25

---

曇り空。喫煙中。
翅の削れたヤマトシジミの雌が地面すれすれを飛び続けるのを見て詩情が沸きそうになったが自分の脳が憶えたのは動作の軌跡だった。